Bookraftの出自についての公式見解

お久しぶりと、こんにちは。ブログ主のさくらです。

先日、とある団体の責任者個人のアカウントより、私の運営する同人サークル、Bookraftの独立、設立経緯に関すると思われる生放送を行うとのツイートがありました。

本事案においては、視点により様々な見方が可能であると考え、Bookraft公式としての設立経緯を説明する事にしました。

基本的には日本Minecraftサーバー協会 (以下NIMSA) の実質的要素を、NIMSA × C93 Project部門が引き継ぐ形で成立している団体というのが、私たちの認識です。

まず、独立に至った要因ですが、NIMSA時代にあったイベント、「Minecraft.kyoto Pre」において、実質的な失敗と見える結果の事後にあった生放送において、当時の責任者による「イベント参加協力者に対する無神経さ」(主に「他の人のやる気が無かったからねー」発言など) を起点としています。

この発言の後、私が当時の責任者が運営する別団体「TCRS Community Team」(以下TCRS) 内で、責任を追及した所、「謝罪しても炎上が治るのか?」などと、関係者を無視し、謝罪しない方針を見せた事により、NIMSAから当時の責任者の独裁体制をやめさせる、皆の意見を確認する平等な団体の計画を立てた事が独立計画の始まりだと認識しております。

なお、当団体は当時の責任者に対し、加盟を禁じる等、Bookraftから拒否をする動きは起こしておりません。

ただ、TCRSとして無関与方針を貫くとの連絡を受け、その通りの言葉として受け取って運用しています。

上記の連絡に伴い、TCRSの運営するTCRS The Vanillaサーバーが超会議において頒布された本「Block Pioneer ~Nico Ver~」から削除され、再販本という割には、同一性を失ってしまった点におきましては、ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

ただし、先述の通り、Bookraftの設立経緯問題に関する生放送をすると思わしきツイートを確認した事に伴う、当団体としての見解を放送 (同内容をニコ生で放送しました)、または掲載させて頂いております。

つきましては、Bookraftとしては、NIMSAの実質的な運営とメンバーを引き継いだ団体だと自認している事、また独立は決して私がBookraftの利権を剥奪する目的では無く、当時の責任者の失言や方針性への反対に伴う説明可能な独立であると考えています。

当団体の見解を、皆様にご理解いただけると幸いです。

コメント