Fモデル 製作過程の文字起こし版

SEGAが初音ミク関連のゲーム等、プロジェクトをはじめて5周年を記念するイベント「SEGA feat.HATSUNE MIKU project 5th anniversary Party in JOYPOLIS」において、Fモデルの製作工程を公開していたので、各種メディアが掲載していた画像を複合的に確認し、文字としておこしあげたデータです。

部分的に欠損している (解読できなかった) 文字等もありますが、文章として読める程度にはなっています。このポスターにはFモデルのベータ版として、PSPモデルをベースに発展させた物 (Making 1。のちのミクパモデル) の存在や、「Music Girl 初音ミク」で使用されたであろう開発途中のFモデルの存在が明記されている事から、解読意義は高いと考えられます。

ファミ通.com より。このような掲示があったが、解像度の低さからこれだけだと読みづらい。

「初音ミク」CGメイキング

「Project DIVA F」シリーズの「初音ミク」CGモデルが完成に至るまでの工程をご紹介いたします。

Making 1

f/Fモデルの開発を開始して最初に試作したモデルです。

最初はPSP版のミクモデルをハイエンド化するアプローチで制作しました。(ミクさんの肌がちょっと濃いのは、未調整のためです)

PSP版のモデルがベースになっていることもあり、細部にPSP版のディテールが残っている特徴です。

試作後に検討を行った結果、PSP版の造形を継承するのではなく、PS Vitaという新しいプラットフォームに向けて「新しいミクモデルを作る」方向に転換する事にしました、

Making 2

試作工程1を破棄して、一から再試作したのがこのモデルです。

再試作にあたり、KEIさんのキービジュアルに立ち返り、各部のティテールを細かく再チェックしながら製作しました。改めてキービジュアルを見返すことで、いろいろな再発見があり、この試作段階で要素を盛り込んでいます。

また、f/Fモデルでは、肩や(?)のクオリティ強化も課題にしており、この工程で実験が始まっています。

この工程のモデルが、f/Fモデルの基礎となりますが、この段階では「ミクさんマジ天使」には全く到達できていません。特に顔の可愛さは重要ですので、ここから度重なる修正を行なっていきます。

Making 3

試作工程2をベースに、ツインテールを含めた頭部を全面的に作り直しました。ツインテールに関しては、ゲーム楽曲で動いたときの事を考慮し、工程1に近い造形に戻っています。体型に関しても、熱い議論を幾度となく重ね、胸や腰、足回りなど、各部の作り込みを行なっています。

また、この工程では、キャラクターのシェーディング(質感)に関する検討を始めており、さまざまな質感のテストを行っています。シェーディングによって、印象ががらりと変わりますが、ゲームの絵画を作るのはキャラクターだけではないため、背景の質感も同時期に検討を行っています。

Making 4

試作工程3で顔の印象はグッとよくなってきましたが、16歳という設定に対して、少々大人っぽいイメージになっているため、さらに調節を行い、年相応のイメージに近づけていきます。

PV中では、斜め45度ぐらいのカットが良く使われますので、左右両サイドから見たときの印象もチェックしつつ調節を進めていきます。

年齢イメージを下げる、髪の毛の左右や斜めから見たときのバランスといった点を考慮して、この段階で前髪に髪の毛を追加しました。いわゆる「アホ毛」です。「アホ毛」は主張しすぎるとキャライメージを変えてしまうので、一定の角度以外は主張しないように調節していきます。

Making 5

前髪のボリューム感と、ツインテールのシルエット感、目元の雰囲気などを考慮し、f/Fモデル完成手前と言える状態になりました。特に、斜めから見たときの印象が、前工程からかなり変わっています。

この工程では、顔や髪だけではなく、髪飾りや袖の傾きといった細部にも調節を行っています。

Project DIVA f/F model

上記の工程後、PS Vita上で実際に動かしつつ細かなブラッシュアップを行なったのがFモデルの完成版です。

実際にゲーム中で背景に合わせて動かすと、静止画とは全然違う印象になるため、服の質感や胸元の大きさ、髪飾りのバランスなど、度重なる調整を行いf/Fモデルとしては完成となりました。

ミクさんマジ天使!

Project DIVA F 2nd

Project DIVA f/Fの開発終了後、Project DIVA F 2ndの開発を始めるにあたり、一番最初にミクさんの再調整を行いました。

ベースとなる顔や体格は変わりませんが、前髪のバランスやツインテールのシルエット感といった部分に調整を施しています。F2ndでのブラッシュアップは、ミクさんだけでなく、ピアプロキャラクターズ全員に行っていますので、ぜひ製品版で見比べてみてください。

ソース / 文献

“初音ミク×セガ”東京ジョイポリスで開催中の5周年イベントをリポート! 欧米/アジア地域向けソフト『初音ミク Project mirai Remix(仮題)』も発表 - ファミ通.com
アトラクション&ライブパーク“東京ジョイポリス”で行われている、“SEGA feat. HATSUNE MIKU Project”の5周年をお祝いするイベントの取材リポートをお届け。
「初音ミク×セガ」5周年をお祝い!「SEGA feat. HATSUNE MIKU Project 5th Anniversary スペシャルトークショー」開催
「初音ミク×セガ」プロジェクト5周年を記念した開発陣によるトークショーの模様をレポート。初の海外向け新作「初音ミク Project mirai Remix」も発表に
 2014年6月23日から7月27日までの期間,東京・お台場にある東京ジョイポリスでは,セガの「初音ミク」プロジェクト5周年を記念したイベント「SEGA feat. HATSUNE MIKU Project 5th Anniversary Party in JOYPOLIS」が開催されている。本イベントにおいて実施され...
タイトルとURLをコピーしました