PSPモデル

PSPモデル(2009~2010年)

2009年に初めて初音ミクの透過ディスプレイ採用ライブとして行われた「ミクFES’09(夏)」にて採用されたモデル。作成はAM2研とVE(現マーザ)で、全ての元である。アニメチックなモデルは、マーザのミクパモデル、そしてマーザとF開発チームの合同開発のFモデルと発展して行く。

PSPのProject DIVAのモデルとほぼ同じである。モーションもほぼ同じ。(ちょっとした改変すら無い訳ではない)
元々、PSPの性能の低さ(PS2の半分程度)故、この後から出て来るモデルより荒さが目立ち、色合いも今より青っぽかったりするが、全てはここから始まったのである。

また、「ミクFES’09」に限った話なのかの確実性はないものの、2つのチームが別々の方法で映像を書き出した(バーチャファイター5(VF5)の技術を活用したものと一般的なモデリングの書き出し手段)という話もある。

VF5の応用で「初音ミク Project DIVA Arcade」とACモデルが出来たという話もあり、この時のVF5の活用はAM2研側と思われる。逆に一般的なモデリングがマーザでは無いかと思うが、正確な事はセガのみが知る事である。

詳しくは下の映像を参照すること。