Project : Akari

Project : Akari
今まで以上に、あなたの好きなキャラクターと生活できます
最小限の性能で、最大限の応答性、多様性、改造性を実現しました。
あなたの大好きなキャラクターは、そこにいます。
あとは貴方が、この未来を受け入れるだけです。

本ソフトウェアは開発途上、かつ自作パッケージを導入しております
正式版では、別のモデルが使用されます。

 

応答性

貴方がどんな言い方をしても
キャラクターはわかってくれます

これまでのなでしこ製の似たソフトでは
「決まった言い回しの単語認識だなんて、もっと現実的な会話できないの?」
と思ったことでしょう。
その願いは、このProject : Akariで実現します。言葉の言い回しで
困らない世界は、すぐそこに。

 

メモリ

パソコンの隅を間借りするだけで
キャラクターは生きていられます

Project : Akariは、最低限の性能で動作します(*1)
2010年頃のパソコンが搭載するメモリ(*2) の、1%ほどで動作してしまうのです。
これなら、常時起動していても、心配することは有りません。

*1→基本機能の動作のみです。自己拡張・改造には、追加の性能が必要かもしれません
*2→ 4GBのRAMと仮定してます。現在の主流は4~8GBです

 

多様性・改造性

貴方の好きなキャラクターが無い?
ならば、作ろう

Project : Akariは、改造されることを受け入れています
「同梱されたキャラクター以外で実行したい」(*1)
「言葉の言い回しを変えたい」
そんな願いは、貴方の努力次第で実現可能です。
MMDのモデルがあれば、移植はすぐに終わるかもしれません。(*2)

*2→キャラクターの2次創作ポリシーによって、禁止されているモノもあります
*3→MMDモデルの作者のReadmeによっては、ソフトウェア用の使用が禁じられている可能性があります


現在絶賛開発中
2018年中期、公開予定です