僕がソレを理解できる日は来るのだろうか?

以前、こんな題の記事を掲載したと思う

そこで、予防接種がかなりの本数があると書いているはずだ。ていうかリンクを見ればそう書いてある。

……

…はい、今日予防接種受けてきましたああああ(腕痛いです)

 

結果的に何本打ったかというと、8本打った。たった2分か3分。

日本なら「副作用!!!!」とか言われそうなレベルだけど、今の所(打って12時間も経過してないけど)は副作用などは起きていない。分量は多分アメリカンサイズだと思うけどね。

腕が痛くて、火災報知器の電池切れが煩すぎるのでテープで抑えるのが辛いぐらいって感じ。

 

で、左腕に5本目の注射をした時、注射しきれていないのか、なぜか液が漏れていた。明らかに「失敗した」と思った。

「9本目まで増えるのかぁ…」

と。ところが…なんと「成功した」ってことにされてしまった(笑)。

 

以前から、というよりはこの2週間ですら「これ、テキトー過ぎだろ」「なのになんでこんな時だけ無駄に厳格???」みたいな、訳の分からない「フリーすぎる判断基準・フリーすぎるクオリティ製品・フリーダム精神」に翻弄されている。

彼らの判断基準を決して悪と言うつもりも僕にはなければ、これがアメリカ人なんだと納得するしかない。しかし、僕はこれを

アメリカ人らしさ

と名付けている。決して日本人が持っている精神性とは真逆?言葉に形容しずらいモノだが、とにかく絶対「日本人」はこうじゃないと僕は思うことが多々ある。
まさに大切そうな局面で上のような「ま、いっか」が多々あるのだ。うん。

まぁ、そんなアメリカ人らしさを経験していけば、いつか「彼らがどう言う基準でそう言うことを判断しているのか」を理解できる日は来るのだろうか…なんて思っている。

コメント